「まだ」終わってない

VOICEVOICE
  • 2022.01.20
    ポートピア  
    男性
    全国の災害被災地の支援活動に参加している神戸の頌栄(しょうえい)短期大学生3名が、豊野地区にある「まちの縁側ぬくぬく亭」を訪れ、東日本台風の被害やその後の復興に向けた活動の話に熱心に耳を傾けていました。
    また、最近ではあまり見られなくなったおはじきにも挑戦するなど、住民との交流を深めました。
    イメージ
    コメント
    • お手玉
      このような形で若者に災害のことを知っていただき、更に多くの人に伝えてもらうことで、災害の経験が生かされていけばいいと思います
    • KOTATSU
      復興活動をきっかけとして、こういった交流が生まれるというのは素敵ですね。
    • こりんご
      これ、神戸とつながってるんだってさ!と、オンラインで始まった交流が、年明けのぬくぬく亭での対面交流につながりました。迎えたのは「昔の遊びで(世代と文化を)つなぎ帯・遊び隊」です。おはじき、お手玉、ブンブンゴマ等を披露すると、学生さんたちも挑戦して大盛り上がり。まるで孫娘と遊んでいるようでした。被災して元気がなくなっていたけど、いろんな人の応援で今は元気回復しています。これからも交流したいね。今度は家に泊まりなよ。家族持ったらりんご狩りにおいでね。ずいぶん先への夢も膨らみ、こりゃ、長生きしなくっちゃねえ!と。楽しく元気が出る時間をありがとうございました。
    コメントする
    ペンネーム:
    コメント: