「まだ」終わってない

VOICEVOICE
  • 2022.11.23
    もに  
    女性
    11/23(水)に開催された地域づくり講座「協働を改めて考える~ぼくらの協働を探す旅に出かけよう!!~」に参加してきました。
    互いを知り、理解し合い、ともに課題を解決するには何が必要か? 誰と協働するのか? といった観点で学びを深めるいい機会となりました。

    「地域課題」に対して「協働」という観点で考えるワークショップのテーマのひとつとして「災害支援」についても考えました。
    ・様々な団体、企業、学校、地域(自治会)、行政との協力が不可欠!
    ・被災時の対応や防災知識の認知拡充を図り、地域防災力の向上を
    ・平時からコミュニケーションをとりながらゆるやかにつながるネットワークを構築しておくことが、有事の際の迅速な協力につながる
    などの意見やまとめを聞いて、非常に勉強になりました。

    たしかに、災害が起こってしまったときに、みんなが有事の際に急につながるのはなかなか難しいですよね。助け合うのはなおさら大変だと思います。
    でも、普段からゆるくつながって、互いの役割や必要なことを確認しておいたり、気に掛け合って大変な時に助け合えるようにしておけば、非常時でも助け合える。
    物資や人手のようなリソースはもちろんですが、互いに頼りあえるような「心強い」と感じられるネットワークが、有事の際には大きな支えとなってくれるのかなと思います。

    一人では乗り越えられない非常事態だからこそ、個人での備えに加えて、地域での備えや「協働」が大事ですね!
    災害時の「備え」について、あらためて考える1日となりました。
    イメージ
    コメント
    • コメントはありません
    コメントする
    ペンネーム:
    コメント: