MENU
お知らせ内容をここに入力してください。

仕事の人間関係が面倒!タイプ別対応方法6選&対策3選

(当サイトは広告が含まれています)

目次

仕事の人間関係が面倒だと感じた時の対処法はこれ!

1日の大半を過ごす職場で人間関係のゴタゴタに巻き込まれて無駄なストレスは感じたくないですよね。
職場のトラブルで最も多いのが人間関係です。一度トラブルになると関係の修復は難しいため、職場の人と必要以上に関わりたくない、仕事だけの関係と割り切って付き合いたい、けどそれがなかなかできないという人は多いのではないでしょうか。

この記事ではキャリアコンサルタント歴17年の筆者が、仕事上の人間関係を面倒だと感じるあなたに、自分を守るため職場の人とどう接したらいいか、面倒に巻き込まれないための対処法を含めて説明していきます。

職場の人間関係は割り切って全く問題ない。職場で持つべき心がけはこの2つ。

職場の人に好かれなくても問題ない。割り切って「仕事しやすい人」を目指そう

職場の人との共通点はあくまで仕事だけです。家族ぐるみで仲良くしたり、親友のようにプライベートな悩みを共有する必要はありません。
つまり「いい人」「優しい人」である必要はないのです。だからと言って嫌な奴になることではありません。「一緒に仕事がしやすい人」を目指せばいいのです。

他人を変えることは無理。接し方を変えるのが一番の近道

相手のためを思って注意しても、逆切れされたり悪い噂をたてられて自分が不利な立場に追い込まれたら本末転倒です。人は自己認識が変わらなければ変わりません
他人は変えられないなら、自分の接し方を変えればいいのです。

めんどくさい上司への接し方 3パターン

めんどくさい上司といってもいくつかタイプがあるので、代表的なタイプの接し方を説明します。

短気・気分屋な上司

気分屋さんには、怒りのポイントを抑えて接するのが基本ですが、同じくらい大事なのはビクビクせずに堂々と接することです。声が小さくなったり怯えた態度は上司を余計に苛立たせてしまいます。質問や相談するときは要点を絞り、短く答えられるような聞き方をするといいでしょう。

また、常に礼儀正しく接することが無難です。仕事と割り切って嫌悪感を出さずに表面上だけでもいいので礼儀正しい態度を心がけてください。

言うことがコロコロ変わる上司

頼まれた資料を作っても、オーダーした上司本人が依頼内容を忘れて全然違うことを言って修正させられるー上司あるあるですが、部下はたまったものではありませんよね。
予防策は、指示があったときに目的と期限・指示内容を要約して確認し、メールで証拠を残すこと。上司の言うことが変わったら、前回と変わった理由を確認し、変更前後の内容を再確認しメモに残して共有しましょう。
また作業の途中で面倒でも報連相をし方向性を確認しましょう。完成してから「やっぱり~」と変更になる前に軌道修正しておけば結果として時間短縮となるのです。

自分に都合の悪いことを無視する上司

このタイプの人の本音は、傷つきたくない・評価が下がることが恐い、というもの。気が小さいですね。でも管理者には案外多いタイプかもしれません。
こういう場合は、常に責任の所在を明らかにするのがいいでしょう。ただし口頭はNGです。必ずメールやチャットなど形に残しましょう口頭の指示にもメールなどで報連相するのが効果的です。

めんどくさい同僚との接し方 3パターン

先輩・後輩・様々な年代がいて、似たような立場の同僚は最も厄介かもしれません。特に厄介な3パターンの対応方法を説明します。

噂話大好きな人

つかず離れずあまり親しくならないのが一番ですが、噂話が好きな人はあなたと仲良くなりたいから話しかけてくるので、共通の話題や相手の話にすり替えて一方的に喋ってもらうのが無難です。
ただし、聞き役に徹するとあなたも噂話をしていると吹聴されるので、興味がない姿を見せることも大切です。

負けず嫌いで自分の意見を押し通そうとする人

承認欲求が強く自己中心的な人の中でも嫉妬心の強い人は足を引っ張りがちです。
普段は適当に褒めておけば優越感が満たされ機嫌がよくなりますが、常に褒めると思いあがるため、時々きつく注意する必要があります。口答えする可能性が高いので、就業規則や営業成績などの客観的な資料を見せながら注意をするといいでしょう。客観的なデータがあれば素直に聞くので上手に活用することです。

面倒なことを他人に押し付ける人

面倒な仕事は他人に振って逃げていく人、いますよね。真面目で嫌と言えない人は標的となりがちです。そのためはっきりと断らない限り変わりません
1回でいいので、勇気を出して真顔で断ってみることを強くおすすめします。
どうしても嫌と言えないなら上手な断り方を身につけるしかありません。相手の苦労に理解を示し、自分がそれ以上に忙しい+大変な理由を伝え、以前押し付けられた仕事を列挙して、諦めてもらえそうな代替案を出すのです。上司にも相談しておきましょう。

職場の人間関係が面倒くさいと感じた時の対処法

仕事だけの関係と割り切り、周囲のことは気にしない

最初に伝えましたが、職場の人との共通点はあくまで仕事だけです。つまり「いい人」「優しい人」である必要はないのです。仕事だけの付き合いだと割り切り「一緒に仕事がしやすい人」を目指せばいいのです。

はっきりと意見を言う

面倒な人に振り回されやすい人は、謙虚で丁寧に話を聞いてあげられ、断れない優しい人です。面倒な人は意図的に断れない人をターゲットにしているのです。
厳しい言い方をすれば、断らないのは受け入れたと同じなのです。普段穏やかな人が一度ビシッとNOと言うと相手はひるみ(ビビり)、その後は無理を言ってきません。勇気を出して一度NOを言ってみませんか?ただし感情的にならず、表情を変えずに冷静にね。

見切りをつけて退職するのもアリ

職場の人間関係に疲れたら思い切って環境を変えるのもいいでしょう。
人が変われば環境も変わります。今の人間関係のしがらみから離れ、新しい職場で割り切った人間関係で新生活をスタートし、余計なゴタゴタに巻き込まれないポジションを確立すれば、人間関係のストレスは最小限に抑えられます。

転職活動は在職中でもできます。転職エージェントに登録し、興味ある会社に応募するだけならスマホだけで完結できるエージェントもあります。

\ まずはLINEで気軽に相談!/

退職を言い出しづらい、辞めたいけど引き留められるのが嫌、会社の人と退職手続きのやり取りがだるいというなら、退職代行サービスを利用するのもアリです。
退職代行サービスは違法ではありません。興味があったら下の記事を読んで、利用を検討することをおすすめします。

もし私が環境の悪い職場を退職するなら、弁護士に退職代行をお願いします。理由は、退職条件の交渉ができるのは弁護士だからです。
有給休暇を全部消化せずに退職せざるをえない人がかなり多いですが、日給×有給休暇日数で計算するとそれなりの額になります。弁護士に依頼すれば退職日の交渉をしてくれるので、有給休暇をしっかり消化した後に退職でき、退職月にもらえるお金が増えるのです。

弁護士に退職を依頼することに興味がありましたらぜひ下の記事を読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次