MENU
元人事担当のキャリアコンサルタントが解説!

なぜなくならない?「サービス残業しないと終わらない」理由と解決策

過労ストレス病気

サービス残業しないと終わらない毎日、もう限界を感じていませんか?多くの会社員が抱えるこの悩み、どうにかしたいですよね。

私もかつて同じ問題に直面していました。

朝早く出勤し、夜も遅くまで仕事。土日も出勤したり、過労でダウンしても午前中病院で点滴を打ってもらい元気をつけて終電まで仕事、なんてこともしてました。当時は「私がやらなければ」「仕事が終わらないから仕方ない」と使命感と諦めを持って仕事してましたが、普通じゃないですよね。

あなたもサービス残業をしなくて済むようになりたい、正当な残業代をもらいたいという希望があると思います。このブログでは、元人事担当でキャリアコンサルタント歴17年の筆者が、サービス残業になってしまう原因と解決策をご紹介します。

目次

サービス残業のパターンとその影響

サービス残業のパターン

  • 仕事を持ち帰る
  • 取引先などで時間外の打合せ
  • 在宅勤務で勤務時間を正しく申告しない
  • 始業時間より早く勤務開始する

サービス残業の影響

サービス残業が続くと労働者の健康に悪影響を及ぼし、モチベーションの低下や生産性の低下を招きます。また、適正な賃金が支払われないため、経済的な損失も大きいです。

なぜサービス残業はなくならないのか?

あなた側の問題

あなた自身が断るのが苦手だったり、仕事の進め方が非効率だったりする場合、サービス残業が発生しやすくなります。また、仕事の優先順位が付けられないため、結果的に残業が増えることもあります。

職場の問題

職場全体の問題として、業務量が多すぎて就業中に終わらない、取引先との打合せが就業時間外に実施されている、上司が残業していて帰りにくいといった環境が影響します。

会社の問題

定時で帰りにくい会社の文化や上司の管理能力不足もサービス残業の一因です。会社全体で労働時間管理が適切に行われていない場合、サービス残業が常態化します。

サービス残業を減らすための改善策

職場の改善策

労働時間の見直しと業務効率化を図ることが重要です。勤怠管理システムの導入や、上司や同僚との相談と意識改革も有効です。まずは業務分担の見直しと効率化をおこないましょう。

あなた自身の改善策

断る勇気を持ち、交渉することが大切です。また、完璧主義をやめ、上司へこまめに報告・連絡・相談を行うことで、業務の負担を減らすことができます。

仕事のやり方・働き方を見直す

効率的に仕事を進めるために、今の仕事や仕事のやり方を見直してみましょう。

サービス残業撲滅のためにやるべきこと 

自分の業務を見直す 

まずは、自分の業務内容を整理し、優先順位をつけましょう。効率的に仕事を進めることで、サービス残業を減らすことができます。

コミュニケーションの強化

上司や同僚と積極的にコミュニケーションを取り、ミーティングなどで業務の進め方や残業に対する考え方を共有しましょう。一人で抱え込まずに周囲の協力を得ることで効率的に仕事を進められます。

上司には毎日進捗状況を報告するようにしてください。

わざわざ報告するのは抵抗があります・・・

毎日報告していれば、進捗遅れが続いた時にあなたの仕事量の多さや問題点に気づき対応してくれるはずです。

DX化・業務ソフトの活用

前から引き継がれてきたやり方にこだわらず、業務効率化ツールを積極的に活用しましょう。Excelの関数やマクロを習得すれば作業時間は劇的に減ります。

覚えるのが面倒です。時間もないし・・・

新しいものを拒否していては残業生活は終わりません。最初に頑張って習得すれば楽になれると思ってトライしてみましょう。

(実話)筆者の同僚が異動先で、毎月末に手計算で2日以上かけてやる作業を引継ぎされました。仕事のできる同僚は即座にマクロを組み、その作業を数分で終わらせ、毎月2日分の時間が丸々浮きました。

今はインスタなどで分かりやすいExcel講座などが学べますよ。筆者もやってます。

職場環境の改善提案

職場環境や業務分担について改善策を具体的に提案し実行しましょう。必要に応じて人事部門に相談することも必要です。

職場環境が改善されなければ退職を検討

あなたが変わろうとしても職場が変わらないなら、転職するのが一番いいでしょう。
なぜならあなたの努力が報われない可能性が大きいからです。頑張っても報われない状態が続くのは健全ではありません。心身が疲労しうつ状態になる可能性もあります。
頑張りが報われないということは評価もされないということです。

自分の健康や生活の質を最優先に考えてください。

忙しくて退職が言い出しづらいなら退職代行サービスの利用がおすすめ

退職代行

忙しすぎて体を壊しそうと不安に思うなら、迷わず退職を検討してください。一度体を壊すと社会復帰まで時間がかかり、収入も健康も不安定な期間が続きます。

退職を言い出しづらい場合は退職代行サービスを使うのもいいでしょう。弁護士に依頼すればあなたの代わりに退職の意思を伝え、引継ぎの伝達、未払残業代の請求、有給休暇の消化など退職条件を交渉してくれます。

考える余裕がないし、とにかく早く辞められればいいです・・・

有給休暇が10日残っている場合、基本給20万円なら 日給1万円×10日=10万円分を切り捨てるなんてもったいない!

毎月20時間のサービス残業をしているなら、(上記条件なら)約25,000円/月が受け取れます。

そんなにもらえるの!?自分の権利ならもらえるものをもらって辞めたいです。

退職代行サービスについて詳しい内容を記事にしたので読んで参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次