MENU
元人事担当のキャリアコンサルタントが解説!

独身の今のうちに会社辞めたい?退職前に考えるべき5つのポイント

退職してリラックス

(この記事には広告が含まれています)

目次

独身者が退職前に考えるべきポイント

独身のうちに転職してステップアップしたい

辞めたいけど後悔しないか不安・・・

あなたは今、会社を辞めたいと思っているでしょうか?特に独身の場合、自由な身軽さがある一方で、退職に対する不安も大きいかもしれません。
独身の方にとっても、退職を考えることは特に大きな決断です。最近の調査によると、独身者の約60%が「より良い生活を求めて」会社を辞めたいと考えていることがわかりました 。
特に20代30代の独身者は、自分のキャリアやライフスタイルを見直し、より自分らしい生活を追求する傾向があります。

この記事では、退職を考える独身のあなたが後悔しないために知っておくべき5つのポイントを、キャリアコンサルタント歴17年、企業の人事担当やハローワークで勤務した経験のある筆者の筆者が紹介します。

経済状況を把握し計画を立てる

収入と支出をリスト化して把握する

家計簿をつけるなど、自分の収入と支出を把握しましょう。これにより、退職後の生活に必要な金額を明確にできます。

退職後の生活費を見積もり、退職時に必要な貯金額を知る

退職後に必要な生活費を見積もり、どれくらいの貯金が必要か計算します。将来のライフプランを具体的に描きましょう。

固定費などの生活費だけでなく、車の購入など大きな出費や結婚などの大きなイベントも考慮しておきます。

節約できるポイントを見つける

現状の生活費を見直し、節約できるポイントを見つけることで、退職後の経済的な不安を軽減します。

家賃や光熱費、スマホ代などの固定費を削減すると大きな効果があります。

キャリアコーチングを活用する

キャリアコーチに相談してみる

プロのキャリアコーチに相談し、自分に合ったキャリアプランを見つけましょう。オンライン相談もあります。

筆者もキャリアコンサルタント、キャリアカウンセラーとして相談できますよ。

自己分析を深めてみる

自己分析を行い、自分の強みや弱みを明確にしましょう。無料のオンラインツールも活用できます。

新卒の時の就活を思い出してみよう

明確なキャリアプランを立てる

可能ならキャリアコーチと一緒に、具体的なキャリアプランを立てましょう。目標を設定し、それに向かって進んでいきます。

自力でやるなら、大まかな人生計画の年表を作ってみましょう。

転職エージェントを利用して自分の市場価値を知る

在職中に転職エージェントを利用することで、収入源を確保できるので安心して転職活動ができます。エージェントは希望に沿った求人情報を提供するだけでなく、面接対策や履歴書の書き方などもサポートしてくれます。

\ まずはLINEで気軽に相談!/

副業を始めて収入源を増やす

特技やスキルを活かした副業を考える

自分の興味や特技を活かして、副業を始めてみましょう。例えば、ライティングやwebデザインなど、手軽に始められる仕事があります。

「ココナラ」の出品状況を見てみると、自分ができそうなものが見つかるかも。

副業で収入を得てみる

副業で実際に収入を得てみましょう。小さな収入でも自信が持てて、退職後の不安を軽減する一歩になりますよ。

副業から得られるスキルを活かす

副業で得られる経験やスキルは、将来のキャリアにも役立ちます。新しいことに挑戦することで、自己成長につながります。

退職後のライフスタイルを具体的に描く

退職後の生活をイメージする

退職後のライフスタイルを具体的に描きましょう。毎日の生活がどのようになるかをイメージし、現実的なプランを立てます。

どのような生活がしたいか。今後どうなりたいか、そのために必要なことは何かを考えてみるといいですよ。

趣味や新しい挑戦を考える

退職後の時間を有意義に使うために、新しい趣味や挑戦を考えてみましょう。これにより、充実した生活を送ることができます。やってみたかったことをやる時間を作ることで、転職条件が明確にもなります。

ファイナンシャルプランナーに相談する

経済的な面で不安がある場合は、ファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの方法です。専門家のアドバイスを受けることで、より現実的なプランを立てることができます。

在職中に転職エージェントを利用する

\ まずはLINEで気軽に相談!/

在職中に転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用して自分の市場価値を知るのもいいですね。
転職エージェントでは職務経歴書の添削や面接対策ができるので、登録してみることをおすすめします。
アルバトロス転職はLINEだけで登録から企業の応募までできるので手軽でおすすめです。

エージェントを使うと効率的に転職活動ができる

エージェントを利用することで、効率的に転職活動を進めることができます。自分に合った求人を紹介してもらえるため、時間を節約できます。

面接対策や職務経歴書の添削をしてもらえるので、自分の強みを知れるし、自分の実績を客観的に振り返ることもできます。

LINEで簡単に登録し企業に応募できる

転職エージェントの中にはLINEでの登録が可能なところもあります。エージェントによっては、スマホ一つで簡単に登録し、企業への応募まで完了できます。これにより、忙しい日常の中でもスムーズに転職活動を行えます。

\LINEで登録から企業へ応募ができるエージェントはここ!/

退職するかどうかの最終判断をする

退職のメリットとデメリットを比較する

退職を考え始めると、退職することがゴールになってしまいがち。
退職のメリットとデメリットをしっかりと比較しましょう。冷静に判断することで、後悔のない決断をすることができます。

会社に残る選択肢も検討する

退職だけでなく、会社に残る選択肢も検討しましょう。異動希望を出すことや、体調不良であれば休職する方法もありますので、自分に合った方法を見つけましょう。

退職を考え始めると、退職がゴールになってしまいがち。
在職することのメリットも考えて検討しましょう。

自分にとって最適な選択をする

最終的には、自分にとって最適な選択をすることが大切です。焦らずに、慎重に判断しましょう。

あなたにとって居心地のいい場所がどこか、将来ありたい姿に近づくための方法は何か、を考えてみましょう。

\ 転職エージェントを利用して自分の市場価値を調べてみよう/

最後に、企業の人事担当やハローワークで勤務した経験のある筆者から、転職の大事なポイントをお伝えします。

「未経験でも気軽に転職できる」の言葉に踊らされない!

転職自体は以前より一般的になりました。しかし、気軽に転職できるからとコロコロ職場を変えるのは得策ではありません。転職するためには自分の武器となるスキルが必要です未経験で働けるのは20代までと思っていた方がいいでしょう。

企業は転職(職歴)の多い人を警戒します。

転職数が多いと、「この人はすぐ辞めてしまうのではないか」「一人前になる前に辞める中途半端な人ではないか」と警戒します。短期離職者は転職に失敗しがち。退職も、転職も、慎重に考えてすすめましょう。

転職はできるだけ少ない数にする。1か所でスキルを高めるまで極力辞めない。

新卒採用と違い、転職市場では「スキル・経験」で求職者の価値が決まります。なんでもいいので、自分が関わった仕事では、他でも活かせそうなスキルを身に着けてください。

年齢を重ねるほど「知識」「技術」「経験」のほか、「マネジメントスキル」が求められます。

後輩やパートを指導する機会があれば積極的にチャレンジするといいですよ。

仕事をするときは「1段上の立場で考える」

役職者と一般社員では見てる世界や考え方が違います。課長の悪口ばかり言ってても評価は上がらないし生産性がありません。
1段上の役職者の立場になって自分の仕事をとらえてみると、自分の仕事が違って見えてくると思います。昇進のシミュレーションとして、自分の仕事をよりレベルアップさせるため、異なる立場から仕事を見直すことをおすすめします。

キャリアアップをし続け、スキルを身に着ける。(学び続ける)

若いうちは同世代の給与の差はそれほど大きくありませんが、40代以降賃金格差はとても大きくなります。
なぜか? 会社員や公務員であれば役職の有無、経営者であれば業績の差でかなりの差が出てくるのです。
管理職になりたくないという風潮がありますが、責任だけでなく裁量権も大きくなることを覚えていてください。自分である程度決められることは、お金も人もある程度自由に動かせるということなんです。

生涯働き続けないといけなさそうなご時世、キャリアアップしスキルを身に着けていくことが必須です。
AIに仕事を奪われる、と言われているように、スキルの有無で得られるお金が大きく変わっていくのです。

\ まずはLINEで気軽に相談!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

コメント

コメントする

目次