MENU
元人事担当のキャリアコンサルタントが解説!

科学が証明!「目標を貼る」ことで人生を変える方法

チャレンジする

(この記事には広告が含まれています)

目次

科学が証明!目標を貼って人生を変える方法

目標を立てることって、なかなか難しいですよね。特に、設定した目標をどうやって達成するかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
「目標は貼ると達成しやすくなる」ことを知っていますか?
目標を紙に書いて壁に貼る、アナログで非科学的と思うかもしれませんが、それは誤解です。目標を書いて貼る人は、やらなかった人よりも達成率が高いことが証明されており、科学的に理にかなっているのです。

この記事では、人生をもっと良くするためのコツをキャリアコンサルタント歴17年の筆者が詳しく説明します。

筆者が不可能と思えたこと3つを見事に叶えた方法も最後に紹介しますね。

目標を貼ることが有効な科学的根拠3つ

目標を視覚化することで意識が高まる

目標を紙に書いて壁に貼ると、それを常に目にすることで意識が高まります。視覚的に目標を確認することで、脳がその達成に向けて働き始めるのです。

書くことで脳に刻み込まれ、潜在意識に刷り込まれる

目標を書き出す行為自体が、脳にその情報を強く刻み込む効果があります。潜在意識に刷り込まれることで、目標達成のための具体的な行動を起こしやすくなるのです。

ある大学で、目標を持っている学生は16%、そのうち目標を紙に書いている学生は3%でした。
10年後、この学生たちの現在を調査したところ、

・当時目標を持っているが紙に書いていなかった13%の平均年収は、目標を持っていなかった84%の人たちの2倍以上

目標を書いていた3%の平均年収は残り97%の人たちの10倍以上だった

という研究があります。

目標を継続して確認することで、効率的な行動をとりやすくなる

壁に貼られた目標を見返すことで、脳の中の潜在意識に刷り込まれます。結果、目標を達成するために必要な情報に敏感になり、目標達成へ効率的な行動をとりやすくなるのです。この方法は多くの成功者にも実践されています。

効果的な目標の立て方:3つのポイント

具体的、測定可能、達成可能、現実的、時間制限のある目標を設定する

目標を具体的で、測定可能、達成可能、現実的、時間制限のある(SMART)形式で設定することが重要です。これにより、明確で達成可能な目標が設定できます。
(例)3ヶ月以内に英語のTOEICスコアを800点にする

目標を細分化して管理しやすくする

大きな目標を達成するためには、それを小さなステップに分解し、一歩一歩進むことが効果的です。これにより、進捗を確認しやすくなります。

目標達成のための行動計画を立てる

目標を設定したら、それを達成するための具体的な行動計画を立てることが必要です。計画に基づいて行動することで、目標に近づくことができます。

\ 転職エージェントを利用して自分に合う目標と行動を相談してみよう/

こうやって目標を貼って実現させた!貼るコツと体験談

日常生活での具体的な貼り方

目標はしょっちゅう目に入る場所に貼ることが重要です。おすすめの場所は、トイレの壁や冷蔵庫の表などです。パソコンをよく使うなら、パソコンの見える場所に貼る・デスクトップの背景に設定するのも効果的です

実際に目標を達成した人の体験談

ある営業マンは、「6ヶ月以内に売上を前年比20%アップさせる」という目標を紙に書き、自分のデスクに貼っていました。目標を毎日目にすることで意識が高まり、営業活動の計画を細かく立てるようになり、その結果見事に目標を達成し、上司からも高く評価されました。

ある女性は「半年以内に英語力を向上させる」という目標を設定し、「TOEICスコアを200点アップさせる」ことを目指しました。彼女は目標を部屋のドアに貼り、毎日それを確認して勉強時間を確保しました。その結果、半年後に見事目標を達成しました。

目標を貼るだけではなく、それを見てモチベーションを上げて努力することがポイントです。

人生が変わる目標の立て方の3つのポイントと書き方のポイント

目標の立て方1:長期的なビジョンを持つこと

長期的なビジョンを持つと、人生全体の方向性が定まりやすくなります。そのためには、将来の自分を具体的にイメージし、それに向けて必要なスキルや経験を逆算して考えると良いでしょう。

「10年後に自分がどんな仕事をしているか」「どんな生活をしていたいか」といったビジョンを具体的に描くことが大切です。

目標の立て方2:未来に繋がるスキルアップを目指す

目標は未来に繋がるスキルアップを目指すものが良いです。例えば、英語力を向上させることや、新しいスキルを身につけることなど、自分を向上させることを意識して設定します。

「半年以内にプログラミングの基礎を習得する」や「毎月1冊の専門書を読む」など、スキルアップに直結する具体的な目標を設定しましょう。

目標の立て方3:定期的に目標を見直し、改善する

定期的に目標を見直し必要に応じて修正することで、常に現状に合った目標にしておくことが重要です。

現状から外れた目標は、達成意欲を下げるので逆効果になります。

目標の書き方:箇条書きで、既に達成したこととして書く。《重要》

~できますように」では願っている状態が続くだけで、願いが叶った状態にはなりません。「~した」「~している」など既に達成した表現は、より強く達成したイメージを脳に覚えさせ、潜在意識をうまく使えるようになるのです。

\ まずはLINEで気軽に相談!/

【体験談】筆者が高望みした目標を3つ達成した方法

筆者が実際に経験した、人生の節目に(自分にとって)かなり厳しい目標を見事に達成させた経験が3つあります。

<筆者が達成した3大目標>

目標を貼る以外にやったことは、たった1つ。

 目標は達成する、叶うと信じて1ミリも疑わない。これだけです。

 「ダメかもしれない」とは一切思わず、絶対合格すると信じれば自然と合格に向けた行動をとります
 素直に自分を信じる=自信を持つことで、実現を可能にする行動力が発揮され、手に入れる未来が変わってくるのです。

 あなたの人生がより良い方向に進むよう応援しています。ぜひ実践してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次