MENU
元人事担当のキャリアコンサルタントが解説!

仕事の能力不足を感じたら? 辞める前に試すべき5つの対策

現職か転職か悩む

仕事の能力不足を感じて、「会社を辞めたい」と思うことはありませんか?仕事ができる人はどういう人なのか、なぜ自分は仕事ができないのか、そしてどうすれば自信を持てるようになるのか知りたいと思っているでしょう。

そんなあなたの悩みや不安に答えるために、この記事では「あなたは本当に能力不足なのか?」「仕事ができる人のやり方」「辞める前に試すべき5つの対策」を元人事担当でキャリアコンサルタント歴17年の筆者が紹介します。この記事をきっかけに自分のキャリアを見直し、前向きに解決策を見つけられるでしょう。

(この記事には広告が含まれています)

目次

能力不足を感じた時に試すべき5つの対策

自己分析をし今後のキャリアパスを考える 

まずは自分自身を客観的に分析し、自分の強みと弱みを明確にしましょう。強みを伸ばし、弱みを補う具体的な方法を考えます。

同時に達成したい長期的な目標を設定しましょう。設定したらそれを達成するための具体的なアクションプランを作成します。日々の業務が目標達成に向かうための一歩だと実感できると前向きになれ、仕事にやりがいを見出せるでしょう。

必要なスキルを身につける

オンライン講座や専門書籍を活用し、継続的に学習を行いましょう。上司や先輩からアドバイスをもらえれば新しい視点や実践的なアドバイスを得られます。業界のトレンドを把握することも重要です。

職場環境の改善

上司に業務改善を提案したり、異動や部署変更を検討することも必要です。
あわせて、業務の優先順位を見直し、効率的な仕事のやり方を目指しましょう。

心の健康を守る

ストレス管理を徹底し、メンタルヘルスを保ちましょう。定期的な運動やリラックス方法を取り入れ、休息を取ってください。睡眠状態が悪くなり始めたら心のバランスが崩れているサインです。

転職の準備

自己分析を通じた適職探しや転職エージェントの活用を検討しましょう。転職先での成功に向けた準備をすることで、新しい環境にスムーズに適応できます。

転職エージェントを利用して自分の市場価値を知ることも大切です。登録から企業への応募までLINEだけでできるエージェントもあるので登録してみることをおすすめします。

\ まずはLINEで気軽に無料相談!/

仕事の能力が足りないと思う原因

業務量が多すぎる

過度な業務量が原因で仕事が終わらないと、自分を責めて能力不足を感じることがあります。業務の優先順位を見直し、効率的なタスク管理を行いましょう。

スキルの不足

必要なスキルが不足している場合、継続的な学習や研修を受けることが大切です。具体的なスキルアップの方法を検討しましょう。

自己評価が低い

自己評価が低いと、実際には十分な能力があっても自信を持てないことがあります。ポジティブなフィードバックを受け入れ、自分を肯定する習慣をつけましょう。

職場環境の問題

職場の雰囲気や人間関係が原因で能力不足を感じることがあります。職場環境の改善を図り、適切なコミュニケーションを心がけましょう。

仕事ができる人の特徴

仕事のやり方

仕事ができる人は、効率的なタスク管理や優先順位付けが上手ですタスクを細分化し、計画的に実行することで効率を上げましょう。

同僚や上司とのコミュニケーション方法

仕事ができる人は、同僚や上司とこまめにコミュニケーションを取っています。自分の苦手なことや分からないことは周囲に助けを求めることで無駄のない仕事をします。定期的なミーティングや報告を心がけましょう。

時間の使い方

時間管理が上手な人は、優先順位を明確にし、重要なタスクに集中します。面倒なことや多くの人が関わる仕事を意識して最初に取り組みます。タイパを意識し効果的に時間を使いましょう。

経験の積み重ね

仕事ができる人は、意識して経験を積み重ねます。新しい挑戦やプロジェクトに積極的に参加し、経験を積むことでスキルを向上させましょう。

今の仕事から得られるものを見つけ、糧にすることが大切です。

能力不足とキャパオーバーは微妙に違う。キャパオーバーになりやすいタイプ

キャパオーバーとは

キャパオーバーとは、仕事の処理能力や許容量を超えた状態を言います。キャパオーバー状態の時は、ミスが生じやすくなるなど業務品質が低下し、最悪仕事を投げ出すこともあります健康面でも過労やうつ症状になる可能性があります。

反面、高い目標に挑戦することは成長につながるためマイナスの意味だけではありません。

キャパオーバーになりやすい人の特徴

  • 能力不足
  • 仕事が遅い
  • 頼まれたら断れない
  • 報連相が苦手

能力不足で仕事が遅い人はキャパオーバーになりやすいですが、人並に仕事ができていても、断れない性格だったり、仕事を抱え込んで1人で悩んでしまう人もキャパオーバーになりやすいです

キャパオーバーになる仕事の仕方

  • 仕事の全体像を把握できない
  • 業務手順が効率的に考えられない
  • 優先順位がつけられない
  • 自分の処理能力を理解していない
  • 仕事量を見積もれない

キャパオーバーになった時の対処法

  • リフレッシュする時間をとる
  • やるべきタスクを整理し、優先順位をつける
  • 完璧主義をやめる
  • 業務分担を変えてもらう
  • 転職を検討する

キャパオーバーで気持ちが追い込まれている時は、一度冷静になるために休憩しましょう。手を洗うだけでも気持ちが変わります。
落ち着いたら、今抱えている仕事の優先順位をつけ、他の人がやれる業務は分担してもらいましょう。そもそもの業務分担の見直しを上司に頼むことも必要です。「
状況が変わらないなら、見切りをつけて転職を検討することをおすすめします。

これができれば続けても大丈夫なポイント4選

まずは原因を見つけて対処する

自分が能力不足を感じる原因を見つけ、その原因に対処することで解決できることがあります。問題点を明確にし、具体的な対策を講じましょう。

仕事ができる人のやり方を真似してみる 

仕事ができる人のやり方を観察し、真似することで効率的な働き方を学びましょう。ベストプラクティスを取り入れることで、自身のスキルアップに繋がります。

経験を積むことで悩みが解消することも

経験を積むことで、自然と能力が向上し、悩みが解消されることがあります。継続的に取り組むことで、自信を持てるようになるでしょう。慣れればうまくいくこともあります。

仕事のレベルや目標を下げてみる

目標が高すぎる場合、仕事ができないと感じることがあります。現実的な目標を設定し、達成可能なタスクに取り組むことで、成功体験を積み重ねましょう。

注意!こんな時は転職を検討しよう

今の仕事にどうしても興味を持てない

仕事にどうしても興味を持てずストレスが溜まり続ける場合や、今の職場でスキルアップを見込めないなら、今の職場に長くいてもメリットはありません。

ストレスが耐えられない

毎日自分の不甲斐なさで自己嫌悪の毎日だったり、気持ちが落ち込み前向きになれないなど冷静に行動できないなら速やかに転職活動をするのがいいでしょう。リセットして、新しい気持ちで新しい環境に身を置くことはよい影響をもたらしてくれるでしょう。

健康を害す恐れがある

最近眠れない、寝つきが悪い、など睡眠状態が悪いのはメンタル不調の第一歩です。他にもなんとなくだるいなどの体調不良があるなら、健康を第一に考え、自分に合った職場を見つけましょう。

能力不足を感じて辛い。退職したいけど気力が出ないときは退職代行サービスがおすすめ

退職代行

退職代行サービスを利用するメリット

退職代行サービスを利用することで、スムーズに退職できます。気力が出ない時でも、弁護士に依頼すれば、あなたの代わりに退職条件などの交渉を行い、有利な条件で退職をサポートしてくれます

退職後のキャリアプランを考える

退職後のキャリアプランを考え、新しいスタートを切る準備をしましょう。次のステップを見据えた行動が、前向きな転職活動につながります。

退職するにも転職するにも事前の準備が必要です。準備次第で成功にも失敗にもなります。1日8時間過ごす仕事は人生に大きな影響を受けるもの。前向きになれる環境で毎日を過ごせるよう、応援します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次