MENU
元人事担当のキャリアコンサルタントが解説!

クラッシャー上司の正論に負けない!職場で生き残るための心得

指を指す人

(この記事には広告が含まれています)

目次

クラッシャー上司の正論に負けない!職場で生き残るための心得

会社で日々働く中で、「クラッシャー上司」の存在に悩まされている方は少なくないでしょう。特に20代30代の若い人たちには、上司の正論は時に強圧的であり、精神的な負担となるでしょう。しかし、どう対処すれば良いのかや、どのように関わらずに済むのかを知れば自分を守ることができます。

そんな悩みを抱える皆さんのために、この記事では「クラッシャー上司」とは何か、どのように対応すれば良いのか、さらには関わらずに済む方法についてキャリアコンサルタント歴17年の筆者が説明します。

クラッシャー上司とは何か?

クラッシャー上司の主な特徴

クラッシャー上司とは、部下に対して過度に厳しい態度を取り、その結果として部下を精神的に追い詰めてしまう上司のことです。彼らは自分が正しいと思い込み、部下の意見を聞かない、過度な完璧主義、部下を所有物のように扱うなどの特徴があります​

精神構造と心理的背景

クラッシャー上司の精神構造は、不健全な自己愛と未熟な感情制御に基づいています。
彼らは自己承認欲・自己防衛が強いため自分の威厳を守ることに固執するため、自分の正論を絶対視し、部下の失敗を許さないため、常に他人を責める傾向にあります​。

クラッシャー上司とパワハラ上司の違い

クラッシャー上司とパワハラ上司は似ていますが、部下に対する対応の目的には大きな違いがあります。

クラッシャー上司パワハラ上司
あくまで仕事を円滑に進めるため自分のストレス解消が目的
仕事ができるため部下に同じレベルの完璧さを求める性格の悪さと気分のムラで部下に当たり散らし迷惑をかける
クラッシャー上司とパワハラ上司の違い

クラッシャー上司の見極め方

クラッシャー上司の仕事ぶりの特徴

  • 成果第一主義 
  • 鈍感 
  • 罪悪感がない 
  • 共感力がない 
  • 責任転嫁 
  • 権力と恐怖 
  • 自覚がない

特徴的な手法は「追い込み」です。巧妙に状況を作りこみ、その仕掛けを同時多発的に行いターゲットが逃げられないように行動させるのです。知能犯でもあるクラッシャー上司は隠ぺい工作も得意でパワハラとモラハラ、時にはセクハラも絡めて攻めてきます。

クラッシャー上司の問題行動

  • 尋常ではない叱り方をする
  • 標的を決めたら集中的に攻撃する
  • 部下に無理難題をふっかける
  • 標的にした社員を、人格を含め全否定する
  • 部下を精神的に追い詰める

このようなことが続いたら部下は心の病気を患ってしまいます。

上司が上記のようなタイプであなたが持たないと思うなら、心が壊れる前に異動や退職を考えた方がいいですよ。

クラッシャー上司から自分を守る方法

ストレス耐性を高める

実は、クラッシャー上司を慕う部下や若手社員は一定数存在します。なぜか。それは彼らのストレス耐性が高いからです。ストレス耐性の高い人は、理不尽な暴言を受けてもあまり気になりません。

ストレス耐性を高めることが難しい人もいます。そんな時は自分を守ることを第一優先にし、次のことを試してください。

精神的回復力を高める(レジリエンスを高める)

自分を守るためには感情をコントロールすることが重要です。ABC理論と言われますが、

ABC理論とは、

出来事(A)は、考え方やものの見方によって解釈を与えられ(B)、その結果が感情や行動(C)を引き起こすというこものです。

つまり、考え方(B)が否定的な思い込みであれば、必要以上に落ち込んだり、怒ったりと非生産的な気持ちや行動をとってしまうのです。

そこで、起こった出来事(A)に対する解釈や受け取り方(B)を変えることで、(C)の感情や行動を変えるのです。

クラッシャー上司に被害を受けたときの対処法

具体的な対処法としては、以下のようなものがあります。

記録を残す

 上司から受けた指示や言動を詳細に記録しておくことで、後々の証拠として役立ちます。

自分の心を守る

自分がリラックスできる簡単なことをリストにしておき、しんどいと思ったらすぐにそのリストの中で「今できること」をやり、気持ちをそらしましょう(=認知行動療法)。 上司とは常に距離を保つことが大切です​​。

社内サポートの利用

ためらわずに人事部門や労働組合、社内外の相談窓口などの社内サポートを利用しましょう​。

人事部門は意外に社員の本性を知りません。人事部門は管理職から上がってくる人事評価と社員の自己評価、つまり書類ベースでしか知らないからです。
しかもクラッシャー上司は巧妙に仕掛けてくるため、上層部はクラッシャー上司を「優秀な管理者」としか思っていないのです。
そのため、証拠を提出して速やかに相談するといいでしょう。

クラッシャー上司と関わらずに済む方法

部署異動や転勤の検討

クラッシャー上司との直接的な関わりを避けるためには、部署異動や転勤を検討することも一つの方法です。異動を申し出る際には、具体的な理由を明確に伝えることで、上司や人事部門に理解してもらいやすくなります​

自己成長とスキルアップ

自分のスキルを高めることで、より自信を持って上司に対抗できるようになります。例えば、コミュニケーションスキルやストレスマネジメントのスキルは、クラッシャー上司との関わりも円滑にする手助けになります。

何か認められることでクラッシャー上司のターゲットから外れればいいのです。

退職の検討

もしクラッシャー上司からの圧力に耐えられず、精神的に限界を感じている場合は、退職を検討するのも一つの選択肢です。精神的に追い詰められてしまい病気になると、回復するまでに大変な時間と苦痛が続きます。我慢できればいいのですが、自分の我慢の限界は案外分からないものです。

心が参って判断力を失う前に、退職を検討することをおすすめします。

クラッシャー上司に退職の相談ができない・したくないなら退職代行サービスがおすすめ

退職代行

退職を決意したものの、クラッシャー上司に直接伝えるのが難しい場合は、退職代行サービスがおすすめです。退職代行サービスを利用することで、会社との煩わしいやり取りをすることなくスムーズに退職手続きを進めることができます。

即日退職も可能ですが、有給休暇が残っているなら、弁護士に退職代行を依頼することで有給休暇を消化してから退職することもできますし、クラッシャー上司のハラスメントへの損害賠償請求の相談もできます。

やられっぱなしで辞めてしまうと「負けグセ」がついてしまいます。心機一転、自分の人生を前向きに進んでいくためにも、弁護士と相談し納得いく退職条件を引き出して退職することをおすすめします。

大切なのは、あなた自身の健康と幸福です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次