MENU
お知らせ内容をここに入力してください。

40代が「やる気がでない」「仕事辞めたい」と思った時の対処法と解決策

(当サイトは広告が含まれています)

若い頃みたいなやる気が出ない、出世も先が見えて限界を感じてきた、定年まで今のままは耐えられない、仕事を辞めたいと思うことも増えてくる40代。
「このままでいいのだろうか」と漠然とした不安を感じつつも何をしたらいいのか分からないミドル世代は多いでしょう。


同世代の筆者もキャリアの行き詰まりを感じ焦っていた時期がありました。キャリアコンサルタントでも自分のキャリアに悩むことはもちろんあります。
この記事では、やる気が出ない、辞めたいなどミドル世代が今の仕事に不満や不安を持つ原因やモヤモヤを晴らす方法を伝えていきます。

目次

「やる気がでない」「仕事辞めたい」と思った時の対処法

気力が出ない、もう頑張れない、仕事を辞めたいと思ったらすぐに転職するのはいい選択とはいえません。体調不良など緊急を要する状況でなければまず以下のことをやってみましょう。

家族や友人、同期に相談してみる

やる気が出ないと思うとき、精神的に異変があれば家族は気づいているでしょう。弱みを見せられる数少ない味方が家族です。勇気を出して家族に相談することで今の自分を客観視できるでしょう。
仕事面での相談は同期が有効ですし、友人なら社内の人間とは別の切り口でヒントを得られるかもしれません。

休息を取る

常に憂鬱な気持ちや不安、仕事の悩みが頭から離れないときは、いったん休息をとりましょう。
有給休暇を取って平日に休んでみるとリフレッシュできますよ。

転職活動を始めてみる

在職中でも誰にも知られることなく転職活動ができます。転職希望の企業に応募するまでならスマホ1つで完結できるエージェントもあるので、試しにどんな転職先があるかを調べてみるのもいいでしょう。
応募までスマホで済ませられる「アルバトロス転職」がおすすめです。

\ 応募までスマホで完結!まずは気軽に相談!/

キャリアアップを目指し勉強する

業務に関係すること、異分野、興味のある分野を勉強し資格取得するのも有効な方法です。
資格取得のスクールやweb講座など、同じ志を持つ仲間たちとの交流ができれば前向きに取り組めますし、転職にも有利となるでしょう。
キャリアアップも大事ですが、勉強することで仕事以外のものに興味関心を向けることで、不安や嫌なことを考える時間をなくす効果もあります。

副業を始めて収入を増やす

今は収入を得る手段が多様化しています。雇用契約を結ぶだけが働くことではありません。
あなたの持つスキルが他の誰かに役に立つ可能性は十分にあります。

40代がやる気が出ない、仕事を辞めたいと思う原因

仕事にやりがいを感じない

全年代の中で仕事にやりがいを感じない比率が最も高いのは40代と言われています。
後輩が上司になった、出世の限界が見えた、合わない職種に異動したなど定年が見え始めモチベーションが下がりやすいためです。

給料が自分のスキル・頑張りに見合っていない

給与が自分のスキル、これまでの努力や成果が反映されていなければ不満が出るのは当然です。生活費や教育費にお金がかかる世代で収入が少ないのは生活する上でも苦しいし、退職後の生活に不安を持ってしまいます。

職場の人間関係に疲れた

職場の人間関係に疲れ、諦めの境地に入りやる気が落ち、会社を辞めたいと思うのも40代の傾向です。ハラスメントを受けたり職場の雰囲気が悪いと精神的に疲弊します。
家庭が安らげない人は逃げ場がなく追い詰められてしまい病んでしまうこともあります。

業務量が多く残業に追われている

管理職であればマネジメント、部門間や取引先との調整、経営層との対応など広く深く「やらなければならないこと」が山積みです。
一般社員でも後輩の指導をしたり業務リーダーとして多くの役割を担っているかもしれません。

会社に軽く扱われている

役職につけず、責任や業務が実力よりも軽いポジションに甘んじている人がいるかもしれません。権限もなくやりがいのない仕事をしているとやる気がなくなるのはもっともです。

要チェック!仕事を辞める前にやるべき・考えるべきこと

職場と家庭以外の居場所(サードプレイス)を作る

仕事と家の往復だけでは逃げ場がありません。サードプレイスという言葉があるとおり、家庭と職場以外に居場所を作ることをおすすめします。
趣味の集まり、行きつけの飲み屋、ボランティア団体、何でもいいのです。自分がリラックスできる場所を1つ作りましょう。

筆者のサードプレイスは、所属しているキャリアコンサルタントの任意団体です。年に1回合宿という名の温泉旅行がみんなの楽しみになっています。そして家族にも言えない悩みや思いもこの仲間なら言えるという安心感がある仲間は、何にも代えがたい大切なものです。

自己分析をおこない自分を客観視してみる

自分を見つめなおす機会は案外ありませんが、今後の戦略を立てるためにも自分を客観視してみるのは有効な手段です。気が乗らないなら、辞めたい理由の整理と今後どうしたいかを考えるだけでも有効です。
自力で難しいなと思ったら、転職エージェントに登録してみることをおすすめします。スキルの棚卸や仕事の価値観などカウンセリングし得意不得意を明確にしてくれます。

\ まずはLINEで気軽に相談!/

新たなスキルを身に着ける

今の仕事に行き詰まりを感じているならスキルアップをしましょう。知識や技能を身に着けるだけがスキルアップではありません。
自己啓発本を読むなどして自分の興味がどこにあるか知るのもいいでしょう。

人の話を聞くことを極める=傾聴スキルを磨くこともスキルアップのひとつです。

求人情報のチェック

「転職活動」と気負う前に、市場調査として求人情報をチェックしてみましょう。
自分のスキルを棚卸し、できること・やりたいことを明確にすると、より転職先選びのイメージが膨らみます。
スマホ1つで企業選びから応募までできる転職エージェントがあるので、利用してみるといいでしょう。

\ 応募までスマホで完結!まずは気軽に相談!/

40代でも退職していい!ミドルエイジが退職するメリット

厚生労働省の令和2年の調査によると、40代男性で7%弱、40代女性は12%弱が退職している、つまり1年間で40代の男性の20人に1人、女性の10人に1人が退職しているのです。
そして今は昔と違って転職も一般的となり、40代の求人も増えています。
40代が転職するメリットは・・・

転職先も多く決まりやすい(特にマネジメント職)

40代ならではの強みは豊富な経験と高い専門性です。特に管理職やプロジェクトマネージャー経験者はマネジメントスキルが評価されやすいです。
「自分なんて大したことない」と思っていても、客観的な目で見ると強みとなるスキルがあるはずです。謙虚さを脱いで自分のウリを探すといいでしょう。

しがらみやストレスから解放される

社内のしがらみや人間関係のストレスは退職するまで続きます。耐えられるならいいですが、我慢の限界を超えると精神的に病んでしまう可能性もあります。
体調を崩して働けなくなる前に環境をリセットすることは逃げではありません。新たなスタートを切ることで開けてくることもあるのです。

やりたいことを実現できる

若い頃やりたかったこと、今だからできることがあればトライしてみるのもいいでしょう。
若い頃に気づかなかったことも、知識と経験のある40代ならより見える世界・持つ人脈・スキルも広がり、実現への道が近づいているはずです。

筆者の知り合いも40代で会社を辞め、バーを開店させた人がいます。素人から始めてもコロナ禍を乗り越え、浮き沈みの激しい業界でしっかり経営していますよ。

転職活動に勝つためには面接対策が重要

転職活動で特に大事なのは企業選びと面接対策。それぞれポイントを押さえ対策すればスムーズな転職が実現できるでしょう。
キャリアコンサルタント歴17年の筆者が感じた転職が成功する人についての記事をぜひ参考にしてみてください。

また、退職が言い出しづらい、強い引き留めにあいそうなど、退職が難航しそうなら退職代行サービスを利用するといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mikanko blogのアバター mikanko blog キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント歴17年
社労士事務所やハローワークでの勤務経験があり、よりよい環境で働くためのヒントが豊富です。
人事業務の経験もあるので、会社側と働く側双方の視点を持って解決策を伝えていきます。

目次